★送料無料! 挨拶状無料! 香典返し専門店★
本気で稼ぎたい方、必見!→ ネットビジネス成功の奥義を公開中

香典返しの基本事項

香典返しについて(概要)

”香典”とは、香にかえて「死者の霊前に供える金品」のことをいいます。→ 香典とは?

香典返し”とは、葬儀の際に頂いた「香典のお礼」として、挨拶状を添えて(お礼の)品物を贈ることをいいます。

香典返しは元々”仏式”のもので、四十九日(七七日忌)の忌明けを迎えた後に行います。「忌明け当日から1ヶ月以内」に香典返しを行うのが一般的です。

”神式”では三十日祭または五十日祭の後に行います。
”キリスト教式”では特に決まっていませんが、1ヵ月後の追悼ミサや召天記念式後に香典返しをするのが通例となっているようです。

最近では、あらかじめ一律金額の品物を購入しておき、葬儀や通夜において香典返しを行う「当日返し」(即日返し・その場返しとも呼ばれます)というお返しもあるようです。香典帳の整理など、葬儀後に手間がかからない事から、近年都市部を中心に少しずつ増えているとのこと。

また香典返しは、デパートや専門業者などの代行サービスを利用して行われるのが、今や一般的になってきています。品物選びから 熨斗(のし)紙がけに挨拶状、こうした面倒な香典返しの作業は、時代と共に簡略化・合理化される傾向に向かっているといえるでしょう。

香典返しの金額相場

香典返しに適した品物とは?

香典返しの品物は、”後に残らない”もの(消耗品など)が良いとされています。

例えば、
 ・お茶、のり
 ・コーヒー、紅茶
 ・調味料
 ・食品(菓子類、乾物食品など)
 ・タオル
 ・寝具(毛布、シーツなど)
 ・洗剤
 ・石鹸、シャンプー、入浴剤
 ・器(食器、皿など)


品物ですと好き嫌いがあるので、商品券も選択肢の一つでしょう。しかし人によっては「香典は気持ちだったのに、お金で返された」と不愉快な思いをされる方もいらっしゃるようです(^^;)。

商品券よりも、最近では、受け取る方が自分で品物を選べるカタログギフト(選べるギフト)」の人気が高くなってきています。

香典返しの金額相場(目安)

香典の相場は、勤務先(仕事)関係が5,000~10,000円、親戚関係で10,000~30,000円が、大体の目安といわれています。もちろん、故人との”付き合いの深さ”によって金額は異なってきますが、実際には 3千円、5千円、1万円という金額が多くなることと思います。その際の香典返しの金額目安は下記のようになります。

香典額 3千円 5千円 1万円
香典返し 1,000~1,500円 1,500~2,500円 3,000~5,000円

一般に香典返しは「半返し」が常識と言われ、頂いたお香典の”半額程度”を目安に品物を選び、礼状を添えてお返しするものとされてきました。

しかし、最近の相場では「三分返し」(3分の1相当の品物を贈る)や、「送料込みの半返し」といったケースもあるようです。

関東の「半返し」、関西の「三分返し」といわれるように、地域によっても相場が変わってきます。

特に関東を中心とした都市部では、葬儀の当日に香典返しを行う「即日返し」(当日返し・その場返しとも呼ばれます)が浸透してきています。即日返しでは、香典の金額に関わらず一律の金額(2,500円くらいが相場)の品物を香典返しとして渡すケースが多いようです。

以上のように香典返しの相場は、時代とともに、多様なケースへと変わってきています。

あくまで香典返しは、贈る側の”気持ちの問題”ですので、金額にこだわる必要はありません。

しかし相場を重んじるのであれば「半返し」が無難といえるでしょう。
一家の家計を支える方が亡くなった際は「三分返し」が目安になります。

熨斗(のし)紙と表書き 【香典返し-挨拶文 Blog】

香典返しの品物には、弔事用熨斗紙(のし紙・掛け紙)をかけるのがマナーです。

熨斗(のし)紙の水引きは「黒白結び切り」が一番使われますが、大阪や京都などの関西地方と一部の西日本などでは「黄白」を用います。
(九州や四国では「黒白」です。また東北地方でも「黄白」を用いる地域もあります。)

香典返し 熨斗(のし)紙 黒白水切り香典返し 熨斗(のし)紙 黄白水切り

表書きには「志」と記すのが、どの宗教でも使用可能で最も一般的です。

仏式ではほかに「忌明志」「満中陰志」、神式では「今日志」 「偲び草」、キリスト教では「感謝」 「志」 「昇天記念」(プロテスタント)とも書きます。

通常、表書きの下(水引きの下)には喪主や差出人の名字のみを記します。

※香典返しの表書き
宗教 表書き(よみかた)   備       考   
(こころざし) どの宗教の香典返しでも使える表書き
仏式 忌明志(きあけし)
満中陰(まんちゅういん)
満中陰志(まんちゅういんし)
49日(忌中)が明けたことに対する感謝の意味
死後四十九日目を満中陰と呼ぶことから
満中陰をより丁寧にした書き方
神式 偲草(しのびぐさ)
偲び草、しのび草
茶の子(ちゃのこ)
今日志
三十日祭か五十日祭の後に送る場合の書き方
偲草と同じ
ささやかなものという意味
キリスト教 感謝(かんしゃ)
粗品(そしな)
昇天記念(しょうてんきねん)
 
 
プロテスタント